絆の曳行

_DSC0729.jpg

片貝まつりを語る上で忘れてはならないのは“同級会”の存在。
地元中学校を卒業した同窓生たちがお金を積み立てあい、20歳、本厄、50歳、55歳、還暦、そして古希と人生の節目で花火を打ち上げ互いを絆を深めていきます。
この年還暦の花火を奉納することとなったのは第26回卒業生となった酉戌会のみなさん。
町で所有する中でももっとも立派な山車を曳き、花火打ち上げ時間に合わせて神社を目指します。

若さみなぎる成人達が曳いた大筒に比べるとなんとものんびり曳いてますが、これもまたご愛敬。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

としみつ

Author:としみつ
どちらかと言うとほめられて伸びるタイプ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク