その時を待つ

_DSC0124_20171030235635fc0.jpg

片貝まつりでは初日の朝から夕方にかけて町内を花火の打ち上げ筒を引き回す“筒引き”という伝統行事がある。
主にその年成人を迎えた若連中が打ち上げ場まで引いていたそうだが今は形式的な行事となり神社に奉納して終わりとなる。
木製でかつて使われていた大玉用の打ち上げ筒だそうなのだが、鋼鉄勢の現代の筒よりも趣のある花火が上がりそうな気がするのは自分だけだろうか!?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

としみつ

Author:としみつ
どちらかと言うとほめられて伸びるタイプ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク