住宅街という海原

_DSC0001.jpg

'11桐生・震災復興支援イベント


熱気球シリーズ最後の更新は熱気球を見下ろす構図での一枚。
と言っても、他の熱気球に乗って撮ったわけではなく山から俯瞰した一枚。
見上げて撮るしかできない熱気球。
いつかは熱気球に乗って他のたくさんの球体が飛び立つ光景を空から撮ってみたいものです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

としみつさんこんばんは

原色でカラフルなデザインの熱気球、色出すのも大変そう。
動きを予想して、光と影を探して、動き回っているんでしょうね。

原色でカラフル?
妙に刺さってしまった「モノトーンフライト」・・・この条件でこのカラーリングの熱気球はやっぱりスゴイ!。

とっても遅くなりましたが、リンクありがとうございます。
なんか、凄い方たちの中で恐縮してしまいます。

Re: No title

> 17bansyakoさん
こんばんは!
すいません、連絡もせず勝手にリンクしてしまって。
ブログのリンクをブックマーク代わりに使っちゃってます(^^ゞ
熱気球の撮影はちょっとしたことですぐに位置がずれてしまうため駆けずり回って撮っています。
車で追っかけしていても高度によって風向きがまったく逆になることも珍しくないので追いついたかと思うと熱気球が戻っていることもしばしばです。
モノトーンフライトですが、霧の中で熱気球の競技をすることはまずなく、この時はたまたま霧が晴れると読んで競技を始めたら晴れなかったと言う珍しい状況での競技でした。
なので撮る方もここぞとばかりに試行錯誤の撮影となりました。
プロフィール

としみつ

Author:としみつ
どちらかと言うとほめられて伸びるタイプ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク