FC2ブログ

富士の嶽を従えて

_DSC5779.jpg

これもケガをして長期休業を余儀なくされていた時の物。
天気とドクターイエローの運転日の他に河川工事で偶然にも水たまりが出来て撮れた一枚。
残念なことに風が出てきてしまい綺麗な水鏡にはならなかったけど今は河川工事も終わりもう撮れないことを思えば及第点かと。

「ケガしてるから心配だ!!」


と嫁さんが着いてきたけど終始寝てて自分の運転だったし、現地に着いてからも腕吊った状態で一人、何度も撮影地までの石がゴロゴロした河川敷を荷物運んだっけ。
結局嫁さんは清水港で昼飯食べた時だけしか起きてなかったなw

ドクターイエローシリーズはこれにて終了。
本当は大垣のヒマワリやコスモス。
雪の関ヶ原や米原のスプリンクラー。
そして世界遺産姫路城や真っ赤なカープファンで染まる広島球場の向こうを行くドクターイエローも撮りたかったんだけど子供が出来てしまった今となってはどだい無理な話。
ケガのおかげで富士山とのコラボが2枚撮れただけでも御の字と思わないと。
これこそケガの功名ですねw
スポンサーサイト



青白黄色

_DSC1580-2.jpg

冬晴れの富士山をバックにドクターイエローを撮ってみたい


そう漠然と思い続けていたものの最高の天気とドクターイエローの運転日と自分の休暇が当たる確率はほぼ皆無。
勤めをしている限り撮れるチャンスはないだろうなと諦めていました。
しかしある年の冬、肩を骨折し長期休業となってしまい暇を持て余していた時に好条件が重なったので右手を吊った状態で車を運転して撮りに行ってきました。
雲ひとつない晴天の中駆け抜けていったドクターイエロー。
おそらく自分は二度と巡り会うことのないシャッターチャンス。
しっかりと物にさせていただきました。

職場の人には絶対に言えないけど・・・(^^ゞ

イルミネーションが眩い季節4

_DSC5684.jpg
以前更新のこの記事と同じ場所から
手前にイルミネーションを大きく入れてみたのですが不通にとっても面白くないし流すわけにもいかないしと言うことで珍しくフィルターを使ってみました。
十数年前に買ってはみたものの使わずに防湿庫の肥やしになっていたクロスフィルター初めて使ってみたw

イルミネーションが眩い季節3

_DSC0436_20181029211512db5.jpg

イトシア4階のレストランのオープンテラスから。
恋人達に人気のこの席も寒い時期にわざわざ座るわけもなく、いるのは物好きな鉄ちゃんばかり。
ちっともロマンティックではありませんw

イルミネーションが眩い季節2

_DSC1814-2.jpg

イルミネーションも綺麗ですが背後にある東京国際フォーラムが特異でなかなかいいですね。

イルミネーションが眩い季節1

_DSC4576.jpg

定番の交通会館のテラスから。
止めても面白味がないので流してみました。

都会の谷を

_DSC7301.jpg

ビルの谷間を抜けるドクターイエロー。
横構図が良いか縦構図が良いか自分には決めきれなかったので閲覧するみなさんに決めていただければと・・・。

_DSC7288-2.jpg

仕業を追えて

_DSC7319.jpg

仕業を終え、寝蔵へ帰るドクターイエロー。
次の会う時にはどんなドラマを見せてくれるのだろう。

帰着 - 大正ロマンと現代の融合した街 -

_DSC7237.jpg

東京駅の象徴、赤煉瓦の駅舎。
ガラスの高層ビル群との対比がなんとも美しい。

帰着 - 東京駅入線 -

_DSC3378.jpg

東京の高層ビルを背に

夜の都会を行く

_DSC0194_20181021223452dc5.jpg

夜の都会の風景の中を駆け抜けていきました。

斜光を浴びて

_DSC2093.jpg

斜光を浴びるドクターイエロー。
その特異な色がさらに際だつ。

トンネルを抜けて

_DSC2084.jpg

トンネルを抜け、東へ向けてひた走るドクターイエロー。

下町を行く

_DSC2036.jpg

こんな下町情緒溢れる場所もあるんですね。

秋色に装う頃

_DSC4206.jpg

鮮やかな空、そして鮮やかな黄色に装いを変えた街。
そんな秋色の色彩の中を鮮やかな黄色のあいつがやってきた。
プロフィール

としみつ

Author:としみつ
どちらかと言うとほめられて伸びるタイプ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク