FC2ブログ

離合 - 上州路のスターと -

_DSC6347.jpg

SLとの離合が撮りたい!!


115系の運用が大幅に減ったラストイヤー。
調べた結果その瞬間が撮れる場所は往路のこの場所と煙の期待できない復路の高崎到着直前のみ。
せっかく狙うなら力行している往路で撮りたいと月に一度あるか無いかの週末休みのほとんどをこの場所での撮影に費やしてきました。
だいたい定時にやってくる115系とまるで人間のような好不調のある蒸気機関車。
いつも同じ場所で離合することは稀でわずか数秒ほどの遅れでも場所は大きく狂い何度となくガッカリさせられてきました。

このブログでの115系シリーズの更新はこれで終わり。
SLを撮る際のテスト撮影でシャッターを切ることはあれど別に愛着など無いのでその場で画像を消してしまうこともしばしばだった115系。
でもPC漁ってみると意外に枚数残ってたんですよね。
なのでもう少し撮り貯めてシリーズ化してみようとラストの2年は精力的に115系を撮ってみましたがいかがだったでしょうか!?

合理化で車両が統一化されていく昨今。
ステンレスの安っぽそうな車両が増えていく反面、カメラを向けたくなるような趣のある魅力的な車両が少なくなっていきますね。
スポンサーサイト



白き世界へ

_DSC2755.jpg

真っ白な世界へ消えていくかぼちゃ電車。
これが自分が撮った115系の最後の写真となってしまいました。

なごり雪

_DSC9303.jpg

115系の引退を惜しむかのようになごり雪が降っていました。

無関心

_DSC8535.jpg

置き換え前日。
ホームに滑り込んできた記念ラッピング編成に目もくれず足早に歩く高校生。
古くさい電車を見て喜んでいるのはマニアだけで毎日利用する高校生達は無関心。
むしろやっとあの重い扉の開閉から解放されると喜ばれていたのかもしれない。

諏訪峡の春

_DSC5789.jpg

先日更新したブログの写真の位置から季節を変えて。

魔の山が微笑む時

_DSC1626.jpg

魔の山谷川岳が微笑んでくれたこの日。
年に何度とないチャンスに心躍らせてシャッターを切りました。

雪を巻き上げ

_DSC2379.jpg

降雪直後にしかお目にかかれない風景。

雪煙を上げて

_DSC2375.jpg

雪と戦い続けた50年。
残された時間、苦しめ続けた雪との戦いを惜しむかのように雪中走り抜けていきました。

冬の渓谷

_DSC0023_1.jpg

俯瞰ポイント。
登ってはみたものの次第に雪は強まり視界を奪っていく・・・。
視界ゼロで諦めかけたその瞬間。
パッと視界が開けたその場所にカボチャ色したヤツがやってきた。

日が陰る頃

_DSC5932.jpg

山肌が冬の低い太陽の光を遮る。
この山間の集落ももうすぐ日が陰る。

闇を裂く

_DSC7031.jpg

小さな街路灯に照らされた薄暗い鉄橋。
列車がフレーミングに飛び込んだその時。
その小さな鉄橋はちょっとしたステージへと変貌した。

夜の奥利根路

_DSC4524.jpg

闇夜に包まれた山間の渓谷。
列車が走り抜けたその瞬間。
一瞬だけ川とそれを跨ぐ鉄橋の姿が浮かび上がりました。

夜の始発駅

_DSC6297.jpg

115系の廃止の噂は出ていたものの、まだ正式なアナウンスの出ていなかったこの頃。
山間の始発駅にわざわざ写真を撮りに来る好き者の姿もほとんどなくたった一人のマニアが一枚だけ写真を撮って車内に消えていきました。

綾戸を行く

_DSC5231.jpg

大好きな撮影地。
紅葉と水の色のコントラストを楽しみながら、いつ飛び出してくるか分からない列車の通過を待つ。

冬の装い感じる季節

_DSC4717.jpg

紅葉の渓谷と冠雪したばかりの谷川岳の美しいコントラストに楽しく撮影ができました。
プロフィール

としみつ

Author:としみつ
どちらかと言うとほめられて伸びるタイプ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク