FC2ブログ

寝入る - 人様の家の玄関先で -

_DSC0259.jpg

人様の家の玄関先で寝だしてしまった男性。
酔って寝てしまったのかそれとも深夜密かにに行われるかも知れない流しに備えて体力を蓄えているのか?
ここの家の人にとっては迷惑に他ならないのは間違いない。
スポンサーサイト



雨傘のシルエット

_DSC0313_20170917230335b34.jpg

少しの雨でも中止となってしまうおわら風の盆。
無情にも降り出した雨。
どこからとも無く中止という伝言が、通りで待つ観客に伝わっていく。
ここ諏訪町での流しを楽しみにしていたのですがこの雨のせいで見ることなく終わってしまいました。

人出もまばらになった踊り場を最後に写真を撮る男性。
そのシルエットからは彼の思いは読み取れない。
でもきっと、自分と同じ思いをしながらこの光景をカメラに納めているんでしょうね。

光彩の演舞

_DSC0310_20170917230335bd6.jpg

まるで知識の無かったおわら風の盆。
ちょっとぐらい予備知識をと思いネットでを漁るものどの画像もとにかく薄暗いと言うこと。
しかし実際に現地に出向いてみると思っていたよりも遙かに薄暗い中行われ、被写体ブレに悩まされた祭りでした。

そんな薄暗いお祭り何だからそれなりにしっとり撮ってればいいんでしょうけど、ひねくれ者の自分。
どうにかして明るいイメージで撮ろうと考えたわけです。

そこで目に付いたのがテレビ撮影用の照明。
強烈な光量を放つこの照明の反対に回り、ハレーションのスパイスをふんだんに使った明るく柔らかいおわらの写真に仕上げてみました。

ちょっとした移動もままならないほど混雑したお祭りで、なかなか思い描いた写真は撮れなかったけど、この一枚は“らしい”写真が撮れたような気がしました。

最前列

_DSC0282_201709172303334e5.jpg

最前列にいるのははっきりしない天気の中、ずっと待ち続けた観客たち。
誰にも邪魔されることなくのんびり写真の撮れる特等席。
ちょっとの雨でも中止になってしまうこの祭りでは、待ち続けるというのは根気だけでなく運をも味方に付ける必要があります。

でも下から煽って撮るようになるのであまり良い写真にならないのでは?

桃色新風

_DSC0260_201709172250139da.jpg

緊張の面持ちだった少女たち。
しかし日頃の練習の成果が功を奏したのか見事な演舞を繰り広げていました。

ちょっとだけ視線の位置を高くしてもう一枚。


_DSC0250_2017091722501815b.jpg

緊張の第一歩

_DSC0134_2017091722500908f.jpg

つい先ほどまで立ち位置の確認をしていた少女たち

開演時間が迫るとそそくさと袖裏に戻り、早々に準備して演舞に取りかかる。
何でもこの日初めて人前で踊る少女もいるんだとか。

緊張の第一歩。
震えを押さえ舞台の真ん中へ向けて一歩を踏み出した。

あなたはそこよ

_DSC0130_20170917225010f1f.jpg

演舞の間の休憩時間。
まだあどけなさが残る少女たちが出てきて場所の確認。
リーダー格と思われる少女がしきりに立ち位置の指示を出していました。
彼女たちの緊張の演舞はこの休憩が終わってすぐです。

おたやの演舞場

_DSC0191_20170917225007deb.jpg

おたや階段と呼ばれるの狭い階段の下。
鏡町の踊りはこの階段の下の小さな広場で披露される。
なんでもこの階段に腰掛けて見るのが粋な見方なんだとか。

実はこの場所。
祭りが始まる前の日中にブロ友の通りすがりさんの案内で訪れていました。

「ぜひこの場所でおわらの世界に没頭して欲しい」


この階段の高さと、そこにぎっしりと観客が詰めかけるその様。
そんな喧噪をよそに行われるしっとりとした演舞。
この場にたどり着いた瞬間、浮かび上がったイマジネーション。

イメージどおりに繰り広げられる演舞にただただ没頭するのでした。

見とれて気づけば最後の決めポーズ。

_DSC0187.jpg

でも個人的には後ろ姿の方が好みかな。

八幡様の舞台

_DSC0432.jpg

個人的には“街流し”のイメージしかなかったおわらなのですが、常設の舞台を使っての踊りの披露もされてるんですね。
写真は神社の鳥居前での雰囲気のある舞台。
街流しと違って踊り子も観客も動きがあまりないので撮りやすく助かりました。

そしてどうしても手前の観客の頭が切れなかったので思い切って踊りの子下半身を切っての一枚。


_DSC0438.jpg

もし最前列で撮れたなら下からあおって鳥居の上部と踊り子の胸より上だけを切り取っても面白かったかも知れませんね。
次回の課題です。

身だしなみを整えて

_DSC0051_20170917224352825.jpg

演舞直前。
出番を控えた踊り手が外の様子が気にしつつ控え室代わりの集会所で身だしなみを整える。

見入る群衆

_DSC0301.jpg

これほどの大勢の観衆が見守っているのに周囲に響き渡るのは胡弓の音だけ。
誰一人として声を欲することなくただただ見入り、八尾の初秋を感じ取る。

小さな踊り手たちの休息

踊りの合間の休息。
小さな踊り子たちにはアイスが配られた。


_DSC0214_2017091500263267f.jpg

「珍しいアイス食べてるねぇ」 



_DSC0221_2017091500263121e.jpg

「食べてみる!?」


優しい男の子でした。

祝いの踊り

_DSC0190.jpg

踊り場となっている通り沿いのある民家の軒先。
たくさんの観光客がなぜだか家の中を覗き込む。
何だろう?とつられて覗いてみるとそこには家の中で演舞する姿が。
なんでも祝い事があった家に上がり込み祝いの踊りを披露するのがおわらの習わしなんだとか。

_DSC0292_20170912233006a59.jpg

ちなみにこちらの家では玄関先の土間を使って祝いの踊りを披露していました。

高見見物

_DSC0082_20170912232107e68.jpg

人出溢れかえる通りを横目に高見見物をする四人。
羨ましいけど、そこだと写真撮りにくいよなぁ・・・って変に自分を納得させるのでありました。

円舞の鏡

_DSC0264.jpg

人でごった返す踊り場。
群衆越しに踊り子の網傘だけがやっと見えるようなひどい混雑の中、ふと気づいたカーブミラー。
丸い鏡のその中に、たくさんの踊り子さんたちの姿が見えた。
プロフィール

としみつ

Author:としみつ
どちらかと言うとほめられて伸びるタイプ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク