緑のベール

_DSC8805.jpg

大井川鐵道 家山~大和田


また梅雨空明けやらぬこの日。
木々はまだまだ初夏の色をしていました。
スポンサーサイト

疾走する二人

_DSC8638.jpg

大井川鐵道 千頭~崎平


緑の中を二人が駆け抜けていく。
トーマスが止まってないとか野暮な突っ込みは無しで(^^ゞ

流すトーマス 頑張るジェームス

_DSC6002.jpg

大井川鐵道 福用~大和田


いよいよ始まる急な上り坂。
二人揃って力行!?
と思いきやジェームスだけが爆煙でやってきた。
でも別にトーマスが手を抜いているわけではありません。
ジャームスの顔を汚さないための配慮なんだそうです。

_DSC8327.jpg

流してみるとさらにトーマスの手抜き感が際だちますね(^^ゞ

いってらっしゃい

_DSC8397.jpg

大井川鐵道 千頭


「先に向き変えてくるね」


一足お先に方向転換をしに行くトーマスをジェームスが笑顔で見送る。
本当に仲良さそうな二人です。

ちなみになんとなく画像が滲んで見えるのは二人が吐いた煙で辺り一面真っ白になってしまったのを頑張ってレタッチしたから(^^ゞ

ママと一緒

_DSC5965.jpg

大井川鐵道 新金谷


ママと一緒にトーマスを見に来た男の子。
でもあまりのリアルさにおののいたのか一歩引いての見物となりました。
熱中症対策にしっかりとボトル持参ですね。

大きいなぁ~

_DSC8431.jpg

大井川鐵道 千頭


お母さんといっしょに見物に来た男の子。
大きいなぁ~

その大きさにしばし見入る。

暑いなぁ~

_DSC8448.jpg

大井川鐵道 千頭


「暑いなぁ~」


夏日になったこの日。
思わず整備士の口から本音がぽろり。
話しかけられたジェームスは

「きれいにしてくれてありがとうね」


と言っているようでした。

トーマスファミリー大集合

_DSC8578.jpg

大井川鐵道 千頭


突如HPには乗らない重連列車が走ったこの日。
実はこの日はマスコミ向けのジェームスのお披露目イベント。
終点千頭ではたくさんの仲間が二人の到着を待っていました。
そして重連に乗ってきたお客さんたちがトーマスの仲間たちとふれあっているのでした。

_DSC8513.jpg

何も知らずに訪れた観光客たちは会場外からしきりにシャッターを切っていました。

人気者の共演

_DSC8359-2.jpg

大井川鐵道 崎平~千頭


昨年(一昨年!?)より蒸気機関車を人気キャラクターのきかんしゃトーマスに仮装している大井川鐵道のSLたち。
一度見てみたいと思ってましたが初めての対面がなんとトーマスとジェームスと重連と言うことになりました。

夏祭りシーズンでずっと祭り写真の更新が続いてましたがここいらでちょっと一休み。
しばらく蒸気機関車ネタを挟みますのでどうかお付き合いください。

芽吹きの季節

_DSC0557.jpg

'16.3.13 大井川鐵道 駿河徳山~青部


のんびり流れる大井川、そしてのんびり走ってくる蒸気機関車。
何ともない景色だけどここでのんびり眺めるのが好き。
そう言えば木々が芽吹き出しましたね。
春の足音を感じたいつもの場所でした。

縁の下の力持ち

_DSC0629.jpg

'16.3.13 大井川鐵道 千頭~崎平


千頭駅発車を王道正面ドカンで一発!
往路では調子悪かったC108ですがちゃんと修理が済んだのか復路は完全燃焼の綺麗な白煙で発車していきました。
う~ん、良かった良かった。
でも列車の最後尾が近づくにつれ聞こえるモーター音。

_DSC0644.jpg

どうも大事をとって最後尾のELがグイグイと推していたようです。
製造から80年以上も過ぎたC108。
何事も無理は禁物。
時には仲間の力を借りることも必要ですね。

緊急停車

_DSC0253_20160325225412800.jpg

通過するはずの駅で緊急停車。
機関助手が慌ててランボードに飛び乗った。

_DSC0245.jpg

故障箇所を見ながらなにやら頭を抱える機関助手。

_DSC0237.jpg

機関士達も心配そうに見つめる。

_DSC0235.jpg

車掌さんは他人事のようにその様子を見ているだけでした(笑)。

磨かれた列車

_DSC0526-2.jpg

現役時代を彷彿とさせる煤汚れたイメージが強い大井川鐵道のSLと客車ですが、この日はSLフェスタと言うことでどちらも綺麗に磨き込まれていました。

門デフが行く

_DSC0287-1.jpg

大井川鐵道 青部~崎平


定番中の定番ですよね。
門デフをいかに強調しようかと考えたけどこれ以外思いつかなくって。
想像力の乏しさに・・・。
しかも想定よりも煙が少なくそして高く上がらなかったのでなんとも間抜けな空間が出来てしまいましたとさ。。

優しいまなざし

_DSC0376.jpg

磨き残しは無いかなぁ


優しいまなざしで車体を見上げる若者を春の優しい光が包みこむ。
プロフィール

としみつ

Author:としみつ
どちらかと言うとほめられて伸びるタイプ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク