闇夜を行く

_DSC4622.jpg

上越で夜汽車が走る時、だいたい決まって撮るこの場所をこの日は線路の反対から。
並行する歩道橋の街灯で綺麗にシルエットが浮かび上がりました。
スポンサーサイト

夜汽車の煙

_DSC4496-2.jpg

山の上から渋川の街を行く夜汽車を俯瞰撮影。
難しい撮影であることは分かっていたのですが棚引く煙が街の灯りによって浮かび上がれば夜汽車を表現できるかなと一人真っ暗な山中での撮影。
しかしこちらの思惑とは裏腹に駅発車もほとんど煙は確認できず・・・。
やっと吐いた煙でしたがSLが橋を渡った途端川風に煙が流されていってしまいました。
それにしても色んな意味で無理のある撮影だったことは否めませんね。

おっ!? SLじゃん!!

_DSC0047_20180611233033bb4.jpg

古く沼田街道の宿場町として栄えた棚下宿にある元藤屋旅館の漆喰塗り看板。
当時の面影を色濃く残すその看板とSLを絡めて撮りたいと通過の時を待つ。
トンネルを抜けSLのドラフト音が徐々に近づいてきたその瞬間。
構図の中にスクーターが飛び込んできました。
カメラを向けられていたことにビックリしていたようですが後ろを振り返って状況を理解したようでした。

偶然ご一緒した17bansyakoさんはどう思ったかは分かりませんが、自分は運転手が後ろを振り向いてくれたおかげで美味しい写真が撮れたと思いました。

春を行く

_DSC0512-2.jpg

以前ブロ友17bansyakoさんが撮っていたこの景色が気に入ったのでシレっとパクらせていただきました(笑)。
異様に早かった今年の桜前線。
開花後の異常なまでの気温の上昇に各地の桜は満開になる前に散り始めてしまうという事態でした。
この桜の木もまだつぼみを残しつつも南側の枝の花はかなり散り始めていました。
でも青空に桜。
この景色にSLを絡められただけでもヨシとしますか。

街道の春

_DSC9999.jpg

遅い春を迎えた上越路の旧街道。
古い建物並ぶ宿場町の上を煙を吐いてSLが通り抜けていく。

どうやら同じ日に橋の向こうに写る桜の木の下でikaringさんが撮影をしていたようでした。
やっぱり桜は順光で撮る物ですね。

雪路爆煙

_DSC2380.jpg

暦の上ではもう夏だというのに季節外れの雪の画像。
なんで今このタイミングで!?ってたまたまHDDを漁っていたら未発表のこの画像が出てきたからあげてみただけ。
冬晴れの上州路。
前日の雪で辺りの空気はリンとした冷たさがありましたがその黒い巨体の熱い走りを見たら寒さなんて気にもならなくなりました。

で、なんで中途半端にSLを右に寄せた構図なんだって!?
それはここですれ違うはずの115系とのコラボを狙っていたから。

思いで発 最終列車

_DSC1439.jpg

上越線 水上


心に思い出を刻みこんで、彼女は列車に乗り込んでいった。

あの日の記憶

_DSC1383_1.jpg

上越線 水上


遠い遠い記憶にもない、自分が生まれる前の景色。
なのに懐かしく感じてしまうのは何故だろう。

夜汽車入線

_DSC1338.jpg

上越線 水上


夜色の空気が引き連れて、蒸気機関車がやってきた。

夏の思いで

_DSC1241.jpg

上越線 渋川


夏の夕方の光が差し込む駅のホーム。
彼女はこの夏、いったいどんな思い出を刻むのであろう。

安全確認

_DSC0018-1.jpg

上越線 群馬総社~八木原


淡き世界に浮き出たまん丸な天然色の世界。
今度は青空の日に撮りに来てみようっと。

霞む上州路

_DSC0055_20170515235350fb5.jpg

上越線 渋川~敷島


C6120号機の復元が終わり最初の任務は水上駅での展示公開でした。
試運転もまだそれほどやっていなかったこの頃。
大事のためにDD51を従え、お披露目のため黄砂で霞む上州路を北上していきました。

名峰谷川岳をバックに

_DSC0080_20170407230830336.jpg

上越線 水上~上牧


名峰谷川岳をバックに駆け抜けるSL列車。
雲ひとつ無かったので早々に帰りの列車の撮影地をこの場所に決めたのですが、通過直前に太陽周辺に次から次へと雲が湧きだし山や線路は日が陰ったり照らされたり。
おかげでギリギリまで露出が決まらない落ち着かない撮影になりました

水上発車!

_DSC8100.jpg

上越線 水上~上牧


人出の少ない日の上り1発目はお手軽にだいたいここで。

YDK

_DSC4144.jpg

上越線 後閑~上牧


足慣らしの遠足の時は薄煙だったのにお仕事の時はしっかりとファンサービス。
やっぱりD51くんはやればできる子(YDK)なんですね。

_DSC8062.jpg
プロフィール

としみつ

Author:としみつ
どちらかと言うとほめられて伸びるタイプ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク