思いで発 最終列車

_DSC1439.jpg

上越線 水上


心に思い出を刻みこんで、彼女は列車に乗り込んでいった。
スポンサーサイト

あの日の記憶

_DSC1383_1.jpg

上越線 水上


遠い遠い記憶にもない、自分が生まれる前の景色。
なのに懐かしく感じてしまうのは何故だろう。

夜汽車入線

_DSC1338.jpg

上越線 水上


夜色の空気が引き連れて、蒸気機関車がやってきた。

夏の思いで

_DSC1241.jpg

上越線 渋川


夏の夕方の光が差し込む駅のホーム。
彼女はこの夏、いったいどんな思い出を刻むのであろう。

安全確認

_DSC0018-1.jpg

上越線 群馬総社~八木原


淡き世界に浮き出たまん丸な天然色の世界。
今度は青空の日に撮りに来てみようっと。

霞む上州路

_DSC0055_20170515235350fb5.jpg

上越線 渋川~敷島


C6120号機の復元が終わり最初の任務は水上駅での展示公開でした。
試運転もまだそれほどやっていなかったこの頃。
大事のためにDD51を従え、お披露目のため黄砂で霞む上州路を北上していきました。

名峰谷川岳をバックに

_DSC0080_20170407230830336.jpg

上越線 水上~上牧


名峰谷川岳をバックに駆け抜けるSL列車。
雲ひとつ無かったので早々に帰りの列車の撮影地をこの場所に決めたのですが、通過直前に太陽周辺に次から次へと雲が湧きだし山や線路は日が陰ったり照らされたり。
おかげでギリギリまで露出が決まらない落ち着かない撮影になりました

水上発車!

_DSC8100.jpg

上越線 水上~上牧


人出の少ない日の上り1発目はお手軽にだいたいここで。

YDK

_DSC4144.jpg

上越線 後閑~上牧


足慣らしの遠足の時は薄煙だったのにお仕事の時はしっかりとファンサービス。
やっぱりD51くんはやればできる子(YDK)なんですね。

_DSC8062.jpg

さくらのマーク

_DSC0081_20170407230829ef6.jpg

上越線 後閑~上牧


世間では桜が満開になったなんて話も聞こえてきたので、当ブログも便乗して桜ネタでも・・・。
と言っても蒸気機関車に付けられたヘッドマークのお話。
春先に行われた試運転
高崎支社の粋な計らいで桜の花が描かれたHMが取り付けられ上州路を駆け抜けていきました。

それにしても煙が薄いなぁ・・・。

重連が行く

_DSC5903.jpg

上越線 上牧~水上


19日間にわたって続いた蒸機ネタもこれにて終了。
最後は王道の形式写真で。

久しぶりに上州路を走った重連運転。
なんの言葉もいらない。
ただただ格好良いですよね。
でもヘッドマークのデザインは・・・。
おそらく担当さんも一生懸命考えたんでしょうけど正直いかがなものかなといつも思います。

重連流し

_DSC5871-2.jpg

上越線 渋川~敷島


重連サイドビューを1/6秒で流し撮り撮影してみました。
架線を支えるポールも消えてスッキリ見られます。
大型蒸気重連運転、素直に格好いいですね。

っと、実はこの人と同じ場所で真っ向勝負してみたのですが結果はいかに!?


星空ステーション

_DSC2660.jpg

上越線 後閑


えっ!?タイトルに偽りがあるって!?
いえいえそんなことはありません。
元デ-タを拡大して見てみるとうっすらと星が瞬いているのです。
しかし街の灯りが明るすぎてほとんど明るい星がうっすらと写っている程度。
ブログサイズまで縮小するとほとんどが闇に埋もれてしまいます。
レタッチで強制的に出そうか、それとも合成してしまおうか。
色々と考えてみた結果、見る人に思い思いの星空を描いてもらうことにしました。
天の川が浮かぶ人もいるでしょうし冬の大三角形が浮かぶ人もいるでしょう。
もしかしたら流れ星が流れている人がいるかもしれません。

いったいあなたにはどんな星空が見えるのでしょうか?

地上の流星

_DSC6476.jpg

上越線 八木原~群馬総社


暗闇に光を引きながら夜汽車は走る。
まるで地を這う流星のように。

かつて車体ぶらしの写真を載せましたがどちらがみなさんの好みでしょうか!?

Red Express

_DSC6249.jpg

上越線 新前橋~井野


初めての夜汽車重連。
そして二度とないかもしれない夜汽車重連。
そんなわけで停車駅のバルブ撮りが大盛況の中、自分はこんなところへ。
こんなひねくれ者は自分だけだろうと思いきやもう一人ひねくれ者がいました。
実はこの人のアイデアに乗っかってマネごとしただけなんですけどね(^^ゞ
釜飯さんその節はお世話になりました<(_ _)>
プロフィール

としみつ

Author:としみつ
どちらかと言うとほめられて伸びるタイプ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク