孤軍奮闘

_DSC0139_20170213233420176.jpg

'12おやま熱気球評定


熱気球は準備に比べ撤収の方が一苦労。
それは何故か。
しぼみかけの機体が風を拾ってしまうから。

写真の彼は助けが来るまでの間、風を受けた機体が暴れないように一人必死に抑えていました。
スポンサーサイト

気球日蝕

_DSC0124_201702132334163cf.jpg

'12おやま熱気球評定


大きな熱気球が太陽を隠す。
その瞬間、僕は大きな影に飲まれた。

いつもの光景!?

_DSC3476.jpg

'16おやまバルーンフェスタ


タスクを終え着陸を試みる熱気球。
農作業するおじさんはちらっとその方向を見るも無関心に農作業を続ける。
やっぱり栃木では熱気球が目の前に降りてくるなんて普通の光景みたいです。


いつもの散歩道

_DSC0103_2017021323341508b.jpg

'12おやま熱気球評定


この日のゴールに決まった田園地帯。
次々に降りてくる熱気球に普通ならビックリするはずですが、この男性は何事もなかったように散歩を続けていました。
もしかしたら栃木じゃぁ熱気球が降りてくるなんて珍しくないのかなぁ!?

存在

_DSC0165_1.jpg

'11とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ


熱気球のキャノピーに影が浮かび上がる。
ライバルの存在。

偶然撮れた写真!?
いえいえ、しっかりと狙って撮った写真です。

見入る群衆

_DSC0086.jpg

'14佐久バルーンフェスティバル


目の前で立ち上がる熱気球の大きさに見入ってしまう人々。
きっとみんな圧倒されてるんだろうなぁ。

水温む頃

_DSC0060_1.jpg

'14佐久バルーンフェスティバル


この日のスタートは一斉離陸。
水の張られた田んぼにその光景が写り込む。

このバルーンフェスタが終わると、いよいよ田植えの季節が到来。

桜日和 気球日和

_DSC0090_1.jpg

'14渡良瀬バルーンレース


満開の桜を横目に徐々に立ち上がっていく熱気球。
せっかく桜が綺麗なのに花見はしないの!?
あっ、誰にも邪魔されず空の上からのんびり花見するのね。

桜の花に見守られ

_DSC0032.jpg

'14渡良瀬バルーンレース


桜咲く朝。
一斉に熱気球が立ち上がる。

秋晴れのときめき

_DSC0316.jpg

'12おやま熱気球評定


澄んだ秋晴れの下、次々と熱気球が飛んでいく。
人って何で熱気球を見るとときめくんだろう

うわぁ~、おっきいねぇ!

_DSC0248_201701292243589d0.jpg

'09おやまバルーンフェスタ


立ち上がった熱気球を前に思わずそう叫んだ少女。
ママに乗ってみたいとねだってました。


_DSC8587.jpg

'16おやまバルーンフェスタ


そしてこちらの親子も。

バーナーオン!!

_DSC0296_1.jpg

'09おやまバルーンフェスタ


立ち上がった熱気球。
離陸に向けてバーナー全開。

それにしても目の前で見るバーナーは大迫力です。

天の上の力持ち

_DSC0295.jpg

'11とちぎ熱気球インターナショナルチャンピオンシップ


この日競技気球の去った後の会場では熱気球の体験登場会が行われました。
熱気球は立ち上がるまでの間大変風を受けやすく危険を伴います。
そこで立ち上がるまでは頂点に付けられたロープを引っ張って突然の強風にも熱気球が暴れないように備えるのです。

こんな大きな気球をたった一人で制御するのですからたいしたものですね。
縁の下の力持ちならぬ天の上の力持ち。

色彩の球

_DSC0363_1.jpg

'12とちぎ熱気球インターナショナル


色とりどりの熱気球が所狭しと広場で立ち上がる。
見ている方もときめく瞬間。


小さなチームメイト

_DSC0521.jpg

'09おやまバルーンフェスタ


立ち上げ準備。
一生懸命手伝う少女。
重なった部分を広げて熱の入りを良くしたりと立派に任務を遂行していました。
小さいながらも彼女も立派なチームメイト。
この後、熱気球は大空高く舞い上がっていきました。
プロフィール

Author:としみつ
どちらかと言うとほめられて伸びるタイプ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク