FC2ブログ

祭りの跡

_DSC0376-2.jpg

祭りの跡。
お囃子の音の止まり、ただ煌々と光る山車の前を列車が駆け抜けていった。
スポンサーサイト

お囃子の音を聞きながら

_DSC2428.jpg

もう115系がここのお囃子を聴くことはないんですよね・・・。

踏切待ち 3

_DSC0238_20180730214913754.jpg

子若達のバチが小刻みに太鼓を叩き始める。
この列車が通過したら一気に踏切を通過する。

踏切待ち 2

_DSC1643_20180730214450a60.jpg

踏切を渡る準備に余念がありませんでした。

踏切待ち 1

_DSC1032.jpg

のんびりと踏切待ち

祭の頃

_DSC2366.jpg

今年も渋川山車祭りが行われましたが115系と絡むことはありませんでした。

同形式離合

_DSC9845.jpg

115系どうしの離合が撮りたい!!


そう思い通い続けた夏の日々。
わずか数秒の違いで想定していた離合場所がずれ、悔しい思いをしたことであろう。
そしてついにこの日、目の前で離合が実現した!!


_DSC9861.jpg

嫁さんには「停車している車両みたい」と酷評を食らいましたが・・・。

陽炎たつ

_DSC6658.jpg

115系どうしの離合が撮りたくて通い続けた夏の日。
陽炎の遙か向こう。
遅れていた下り電車の姿が見えた。

積乱雲の湧く季節

_DSC8602.jpg

急激に発達してきた積乱雲が夏空のステージで踊り始める。
これぞ群馬の夏の風景。

向日葵の咲く頃 2

_DSC6250.jpg

朝からとても暑い日でした。

向日葵の咲く頃 1

_DSC6772.jpg

本当は小さな向日葵でなく大輪の向日葵を撮りたかった・・・。

田圃アート in 思川

_DSC5791.jpg

こんな催しもあったんですね。
なすのよいちさんに教えていただき撮りに行ってきました。

夕暮れ時 - 赤城山を背に -

_DSC0011_20180729232716b3e.jpg

赤城山と撮れるポイントも探せば結構あるんですね。

名峰赤城山を背に

_DSC0513_201807292309587f6.jpg

群馬県民の心の山“赤城山”をバックに撮りたい


そして出来れば赤城山が一番端整に見える位置で撮りたいと思うのがカメラマンの性。
複雑な山容を見せる赤城山は見る位置を変えると大きく印象が変わってしまう山で、渋川近辺で見るとガチャガチャと落ち着きのない山容で、両毛線の伊勢崎以西で見ると鍋割山が主張して大変不格好に見えてしまう。
出来れば桐生周辺のスッキリとした山容を拝ませてくれる区間でと探してみたが住宅街で引きがなく無理矢理な構図でしか撮れない。
諦めかけていたある日、自宅近くを散歩していたらふと目に入ったこの風景。
こんな近くにこんなスッキリ撮れるところがあったのね。
ってことでラストイヤーの夏至の時期に一日一本しか通らない日没直前の列車を撮ってみました。

主の亡霊

_DSC4916.jpg

石柱建ち並ぶ廃墟の宮殿。
その向こうに主の亡霊が浮かび上がる。
プロフィール

としみつ

Author:としみつ
どちらかと言うとほめられて伸びるタイプ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク